Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/pon0616/saa0616.com/public_html/harry-english/wp-includes/post-template.php on line 284

使い分け

間違えた事 itとone

下記の記事で、「缶詰のパイナップルよりも生のパイナップルが好きだ」という文章を書きました。

「prefer」を使って「〜より〜が好き(比較)」を伝える。

前の記事のおさらい

例えば、以下のような疑問文があったとき。

  
Where did you buy this pineapple?
どこでパイナップルを買いましたか?

  
I bought it at the supermarket.
スーパーで買ったよ。

と、this pineappleの繰り返しを防ぐためにitを使って答えます。

私は、 名詞を繰り返す場合、単数であればどんな場合でもitを使えば良いと思っていたのです。

つまり

  
I prefer a fresh pineapple to a canned it.
缶詰のパイナップルより生のパイナップルの方が好き。

これで良いのだと思っていました。
それが今回学んだ 私の間違いです。

続きを読む

「prefer」を使って「〜より〜が好き(比較)」を伝える。

私がパイナップルを好きなのは何度か記事にも書かせて頂きましたが、皆様は 生のパイナップル缶詰のパイナップル、どちらがお好きでしょうか?

ちなみに私は生のパイナップルの方が好きです。

マインドマップの記事はこちら→パイナップルでマインドマップ

今回は「~よりも~の方が好き」という比較表現を「better than」ではなく「prefer」で表現してみたいと思います。

preferで比較

  
I like a fresh pineapple better than a canned one.
缶詰のパイナップルより生のパイナップルが好き。

比較って中学生の時やりましたよね。

「トールトーラートーレスト!」って言わされた記憶があります(笑)

私の中での比較は「than」を使うものだったのですが、「prefer(より良い、より好き)」も使えます。

  
I prefer a fresh pineapple to a canned one.
缶詰のパイナップルより生のパイナップルが好き。
主語+prefer(s)+好きなもの+to+比べられるもの」で文は構成されています。

なんだかシンプルで良いですね。

続きを読む

tastyとdeliciousの違いは?美味しいって?

  
Pineapples are sweet and delicious.
パイナップルは甘くて美味しい。

私の中には、美味しい=deliciousしか無かったのですが、ふと、deliciousって食材ではなく、料理に対して使いそうな気がしたのです。

そんな考えが頭をよぎってしまった以上調べねば、と思い調べてみたところ、tastyという単語が見つかりました。

tastyとdeliciousの違い

結論から言いますと、食材や料理云々ではありませんでした。

tastyは味が美味しい時に使う。
deliciousは嬉しい位美味しい時に使う。

使い分けは、自分自身が どの位美味しいと感じるかによってだったのですね。

何これ美味しい!めっちゃ大満足!』って時には『delicious』を使えば良いわけです。

自分で料理を作っていて、『うん、これ美味しいな』って感じる時、そんな時の美味しいは、『tasty』なわけです。

『これどう?美味しいかな?』なんて味見を求められた時の『美味しい』も『tasty』。

もちろんその時の味見で、感動的に美味しかったなら『delicious』を使えば良いのです。

続きを読む