「冠詞」って何?「a」「an」「the」の使い分けは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
kansidayo

この記事は約 5 分で読めます。

冠詞(a,an,the)って何?

  
a,anを不定冠詞、theを定冠詞といいます。

冠詞というのは、簡単に言ってしまうと、名詞の前につけるもの(aやanやthe)です。
「冠詞」なんて難しい言葉よりも、単純に「名詞の前につけるaやanやthe」と思ってくれれば良いでしょう。

名詞についてはこちらで確認できます。

不定冠詞 a,an

  
a,anは数えられる名詞 単数形につけます。

「1つの」という意味を持っていますが、和訳の時に敢えて訳したりはしません。

発音が母音(a,i,u,e,o)の時はanを、子音の時はaを付けます。

an apple, an orange
a university ( ユニバーシティなので発音が子音になります。)

例文を見てみましょう。

  
My favorite color is a pink.
僕はピンク色が好きです。
  
This is a pen.
これはペンです。

「This is a pen.」なんて、「見れば分かるよw」と思いますが、この文は本当によく見る例文ですよね。

ちなみに気をつけて欲しいのは、単数形であっても、代名詞などが名詞の前についている時(his pen, this penなど)は冠詞はつけません。

  
This pen is his.
このペンは彼のものです。
  
This is his pen.
これは彼のペンです。

代名詞が分からない、苦手だという方はこちらから確認できます。

スポンサーリンク

定冠詞 the

the は次のような場合に、「数えられる名詞」にも「数えられない名詞」にもつけることが出来ます。

①何を指しているか分かる場合

例文
Please close the window.
窓を閉めてください。

例文の場合、例文が指している「窓」は、どの窓を指しているのか分かっています。

②既に話題になった名詞が繰り返し出ている場合

例文

I bought a new pen.This is the pen.
私は新しいペンを買いました。これがそのペンです。

③以下のような特別な場合

1序数や最上級の前
the third,the biggest

2慣用表現
in the morning,

3唯一のもの
the sun,the earth,the east

4川、海、船などの固有名詞
the Tone(利根川),the Hikawamaru(氷川丸)

※人名や地名は数えられない名詞としてa,an,theをつけずに表します。

5楽器の前
play the piano

「in the morning」なんて、中学の教科書の最初の方でも出てきますが、敢えて「慣用表現だからtheを付ける」というふうには習いませんよね。

ここでも「the」の使い方は習いましたが、結局は同じような文章を読み書きして自然と覚えていくものです。
何度も何度も繰り返しましょう。

名詞に冠詞を付けないで使う表現もある

  
名詞に冠詞を付けない表現もあります。

例文と合わせてみてみましょう。

  
I go to school by bus.
  
I play tennis.
  
We go to bed at ten.

下線が引かれたものは冠詞がついていませんよね。

このように英語には、イレギュラーが存在します。
(イレギュラーと言ってしまって良いのかは分かりませんが)

理屈でどうこう覚えていくよりも、やっぱりどれだけの英文を見てきたか、聞いてきたか、書いてきたか、というのが早く覚える近道になります。

日本人の私達が英語を身につけるというのは、繰り返す必要は出てきてしまいます。
一緒に頑張っていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
-->

SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/pon0616/saa0616.com/public_html/harry-english/tyugaku-eigo/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 399

コメント

コメントを残す

*