命令文は「動詞の原形」を頭に置くだけ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
meire- (2)

この記事は約 7 分で読めます。

  
今回は命令文について勉強していきましょう。

命令文は読んで字の如くですが、「~しなさい。」と相手に命令する時に使う文章です。

命令文は作り方さえ覚えてしまえば簡単なので、ここでしっかりポイントを抑えておきましょう。

「~しなさい。」という時は、「動詞の原形」を文頭に置く!

一般動詞を使う命令文も、be動詞を使う命令文も、文頭に「 動詞の原形」を置くことで命令文に出来ます。

  
『普通の文から「主語」を外す』と覚えると簡単です。
一般動詞を使った命令文を作る時

◆普通の文◆
You open the window.

◆命令形◆
Open the window.
窓を開けなさい。

「主語」を外します。
(=動詞を文頭に置きます。)

  
動詞を原形にすることを忘れないで下さい。

be動詞を使った命令文を作る時

作り方は一般動詞の場合と同じです。

◆普通の文◆
You are kind.

◆命令文◆
Be kind.
親切でありなさい。

be動詞(am,is,are)の原形はbeになります。

一般動詞を使った文章、be動詞を使った文章が分からない方はこちらから確認できます。


ていねいな命令文

「~しなさい。」という言い方だとちょっときつ目に聞こえてしまう場合もあります。

そんな時は丁寧に「どうぞ~してください。」という言い方の命令文を使いましょう。

  
丁寧な命令文は、文頭か文末に「please」をつけるだけです。
◆普通の命令文◆ 
Teach me English.
英語を教えなさい。

◆丁寧な命令文◆
please teach me English.
=Teach me English,please.
どうか英語を教えてください。

be動詞を使った命令文でも同じです。

◆普通の命令文◆
Be careful.
気をつけて。

◆丁寧な命令文◆
Please be careful.
=Be careful,please.
どうか気をつけてください。

  
丁寧な言い方として、「Will you~(~してくれませんか?)」という言い方も出来ます。

Will you teach me English?
英語を教えてくれませんか?

スポンサーリンク

否定の命令文は、普通の命令文の文頭に「Don’t」を置く。

「~してはいけない。」という否定の命令文を作るときは、命令文の文頭に「Don’t」を置きます。

  
「Don’t+動詞の原形~の形」になります。
一般動詞、be動詞を使った文の両方とも同じように変形します。

◆普通の命令文◆
Speak Japanese.
日本語を話しなさい。

◆否定の命令文◆
Don’t speak Japanese.
日本語を話してはいけない。

◆普通の命令文◆
Be a bad girl.
悪い女の子になりなさい。

◆否定の命令文◆
Don’t be a bad girl.
悪い女の子になってはいけない。

  
禁止という意味で、助動詞の「must」を使うこともできます。

◆助動詞については、記事が出来次第リンクをはります。

You must not speak Japanese.

You must not be a bad girl.

「けっして~するな。」という強い命令文もある。

  
本当に強い言い方で強い禁止を表したい場合は、「Don’t」の代わりに「Never」を使います。

Don’t touch me.
私に触らないで。

Never touch me.
二度と私に触らないで。

スポンサーリンク



「~しましょう。」と相手を誘う時

「~しましょう。」と言いたい時は、命令文の文頭に「Let’s」を置きます。

◆普通の命令文◆
Talk French.
フランス語で話しなさい。

◆相手を誘う時◆
Let’s talk French.
フランス語で話しましょう。

  
「Shall we~?(~しましょうか)」を使って、相手を誘う事もできます。

Shall we talk French?
フランス語で話しましょうか。

覚えておくと便利!誘われた時の答え方。

「~しましょう。」と相手に誘われた時の答え方も一緒に覚えてしまいましょう。

  
Let’s study English.
英語を勉強しましょう。
  
Yes,let’s.
そうしましょう。
  
Let’s watch this movie.
この映画を観ましょう。
  
No,let’s not.
やめましょう。
  
Let’s go shopping.
買い物にいきましょう。
  
All right.
良いですよ。

命令文の作りって意外と簡単ですよね。

覚えてしまえば、簡単に命令出来てしまいます。

さて、それでは今回も閲覧していただき、ありがとうございました。

姉妹サイト「ハリーポッターを観ながら英語を学ぶブログ」でも、命令文を使ったフレーズが登場します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
-->

SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/pon0616/saa0616.com/public_html/harry-english/tyugaku-eigo/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 399

コメント

コメントを残す

*