「~ですね」「~だよね」「~でしょう」付加疑問文を作ろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
dayone

この記事は約 5 分で読めます。

  
今回は付加疑問文について学んでいきましょう。

付加疑問文は「~だよね」「~ですね」「~でしょう」と、相手に確認をしたり、念を押したりする時に使う時の疑問文です。

まずはいくつか例文を見てみましょう。

This pen is yours,isn’t it?
このペンはあなたのだよね?

She doesn’t know your name,does she?
彼女はあなたの名前を知らないでしょう?

上記のようなフレーズを付加疑問文と言います。

付加疑問文の作り方

前の文が肯定文の場合、後ろにつく付加疑問は「否定の短縮形+主語の代名詞?」となります。

前の文が否定文の場合、後ろにつく付加疑問は「否定の短縮形からnotをとった形(do,does,can,is等)+主語の代名詞?」となります。

ここの2つの肯定文と否定文があります。

  
He ate the chocolate.
彼はチョコレートを食べました。
  
He didn’t eat the chocolate.‎
彼はチョコレートを食べませんでした。

肯定文を付加疑問文にしたい時は付加疑問の部分を 否定の形にします。

その逆で、否定文を付加疑問文にしたい時は付加疑問の部分を 肯定の形にします。

  
He ate the chocolate, didn’t he?
彼はチョコレートを食べたんだよね?
  
He didn’t eat the chocolate,did he?
彼はチョコレートを食べなかったんだよね?

be動詞を使った文章でも、付加疑問文はできます。

  
Harry is a wizard,isn’t he?
ハリーは魔法使いだよね?
  
Dudley isn’t a wizard,is he??
ダドリーは魔法使いじゃないよね?
付加疑問をつける際には、以下の点に注意しましょう。

①主語に合わせた代名詞にすること。
②肯定文なら付加疑問は否定に、否定文なら付加疑問は肯定にする。

代名詞が分からない方はこちらから確認できます。

代名詞

スポンサーリンク

特別な付加疑問文

付加疑問文には、「命令文」や「Let’s~」の文にも使う事ができます。

命令文の付加疑問は「will you?」になります。

  
Open the window,will you?
窓を開けてくれませんか?

Let’s~の付加疑問は「shall we?」になります。

  
Let’s go shopping,shall we?
買い物に行きましょうか。

命令文についてはこちらから確認できます。

命令文

付加疑問文を使ったフレーズは、ハリーポッターでも使われています。

ぜひ、ご確認いただけたら光栄です。

それでは今回も閲覧していただき、ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
-->

SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/pon0616/saa0616.com/public_html/harry-english/tyugaku-eigo/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 399

コメント

コメントを残す

*