「will」「be going to」で未来の文を作ろう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
mi

この記事は約 7 分で読めます。

  
未来形とはその名の通り、未来のことを表す時に使います。

未来形を勉強する前に、現在形過去形はしっかり理解出来ていますか?

少しでも不安な方は下記記事で復習をしましょう。




混乱しないためにも、現在形・過去形をしっかり理解してから未来形に進みましょう。

未来を表すbe going to~

  
まずは例文を確認し、例文を見ながら下記の説明文を読んでみましょう。

例文

現在形

June plays tennis on Sundays.
ジューンは日曜日にテニスをします。

未来形

June is going to play tennis next Sunday.
ジューンは次の日曜日テニスをするつもりです。

「~するつもりです」「~するでしょう」のように、未来を表す時に、「be going to」を使用します。

beの部分は主語に応じてbe動詞(am,are,is)を使い分けます。
toの後ろに続く動詞は 原形になります。
toの後ろの動詞を原形にするのを忘れてしまう方、結構多いです。

be動詞が不安な方は下記記事を復習しましょう。

未来形は一般動詞の文だけでなく、be動詞の文でも使うことが出来ます。

例文

She is going to be busy tomorrow.
彼女は明日、忙しいでしょう。

Tom is going to be a doctor.
トムは医者になるでしょう。

上記のように、toのあとに来る動詞の原形は、be動詞の原形になるので、beになります。
beを忘れてしまう方も結構多いです。

be going to 動詞の原形」とセットにして覚えてしまうのも良いかもしれません。

「be going to」の否定文と疑問文

  
否定文はbe動詞のあとnotをいれ、疑問文はbe動詞主語の前に置きます。

否定文、疑問文ともに、「be動詞の文の否定文・疑問文の作り方」と 同じになります。

肯定文 You are going to go to the library.

否定文 You are not going to go to the library.

疑問文 Are you going to go to the library?

答え方 Yes,I am./No,I’m not.

  
疑問文に対する答え方もbe動詞を疑問文と同じです。

スポンサーリンク

未来を表す助動詞「will」

  
「be going to」を用いて未来形を表すことは先述しましたが、助動詞「will」も未来のことを表します。

◆助動詞についてはリンクが出来次第、貼ります。

「will」も「be going to」同様、後ろに続く動詞は原形になります。
現在形

Tom go to bed at eleven.
トムは11時に寝ます。

未来形

Tom will go to bed at eleven tonight.
トムは今夜11時に寝るつもりです。

否定文はwillのあとにnotを入れ、短縮形はwon’tです。

否定文

I will not go to the park tomorrow.
私は明日公園に行きません。

疑問文は「will」を主語の前に置きます。

疑問文

Will you go to the park tomorrow?
あなたは明日公園に行きますか?

Yes,I will./ No,I will not(won’t).

「be going to」と「will」の違い

  
中学での授業、テストにおいては、「be going to=will」として習います。

ですが、厳密に言うとイコールではありません。

既に決まっている未来に対してはbe going to、今思い立って決めたような未来(じゃあ〇〇しようかな)にはwillを一般的に使います。



学校等のテストでは、穴埋め問題で使われる括弧の数に合わせてbe going toとwillを使い分けましょう。

「Will you~?」の未来以外の意味

  
単純に未来のことを聞く疑問文以外にも以下の使い方があります。

・相手に何かを誘う時

  
Will you come with me?
私と一緒に来ませんか?

・相手に何かを依頼する時

  
Will you open the window?
窓を開けてくれませんか?

未来形として使わない場合の「Will you~?」の質問は、文の内容から「誘い」なのか「依頼」なのかを見極める必要があります。

「Will」だからといって、必ずしも未来のことを聞いているわけではない事を頭に入れておきましょう。

姉妹サイト「映画ハリーポッターで英語を学ぶブログ」でも、未来形を使ったフレーズが登場しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
-->

SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/pon0616/saa0616.com/public_html/harry-english/tyugaku-eigo/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 399

コメント

コメントを残す

*