Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/pon0616/saa0616.com/public_html/harry-english/wp-includes/post-template.php on line 284

頻度を表す単語とは?always,oftenなど

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
◆◇記事内の英文法リンクを踏むと英文法の記事に飛べます。◇◆

この記事は約 4 分で読めます。

今回は、頻度を表す単語について、勉強していきます。
頻度を表す単語とは、『常に』や『時々』のようなものです。

中学校の英語の授業で叩き込まれた記憶がありますが、確かに会話をするうえでは、「頻度」を伝える事って普通に多いんですよね。
それだけ必要だという事なのでしょう。

英語で「頻度」を表してみる

まずは例文を見てみましょう。

  
I always get up early.
私は いつも早く起きます。
  
I’m always thinking about you.
私は いつもあなたの事を考えています。
  
You should always be quiet.
あなたは いつも静かにするべきだ。

always(頻度を表す単語)を入れる位置

頻度を表す単語を挿入する位置には3つのルールがあります。

①一般動詞の前に置くこと。
②be動詞の後ろに置くこと。
③助動詞の後ろに置くこと。



※調べてもそんなに見当たらなかったのですが、②と③が同時に存在した時は、③が優先になるようです。(↑のYou should always be quiet.のように)

頻度を表す単語にはどんなものがあるのか?

頻度の割合が高いもの順に並べてみました。

  • 100% always 常に、必ず、いつも
  • 90% almost,always ほぼ必ず
  • 80% ususally 普通は、普段は、たいていは
  • 70% very often, frequently とてもよく、頻繁に
  • 60% often よく、しばしば
  • 50% sometimes ときどき
  • 40% occasionally たまに
  • 20% seldom, rarely めったに~ない、ほとんど~しない
  • 10% almost never, hardly ever, scarecely ever めったに~ない、ほとんど~しない
  • 0% never 決して~しない、一度も~しない



これをうまく使いこなせれば、会話もより細かいニュアンスまで伝える事が出来ますよね。

とは言え、上記全部を覚えるのは、今の私には困難なので、中学で習う単語は最低でも使えるように…と思っています。
中学で習うのはこちら。

  • always  常に、いつも
  • usually  たいてい、普通
  • often  しばしば
  • sometimes ときどき
  • never  まったく〜ない

スポンサーリンク

頻度を表す単語でフレーズを作る

  
I always get up at 7:30.
私は いつも7時半に起きる。
  
I am usually late for work.
私は大抵仕事に遅れる。
  
I often sleep early.
私はしばしば早く寝る。
  
I sometimes play tennis on Sunday.
日曜日、たまにテニスをする。
  
I never eat breakfast.
私は朝ごはんをいつも食べない。

ルールも慣れてしまえば、当たり前のように使える日が来ますよね。
なんだか他人ごとのようになってしまいましたが。

それでは、今回も閲覧していただき、ありがとうございました。

「ハリーポッターと賢者の石」をチャプターごとに最初から見る

「ハリーポッターと賢者の石」を英文法ごとに見る

《YouCanSpeak》英語スピーキングのスピード習得は可能?英語を記憶するための2大原則。
weblio英会話(格安オンラインSkype英会話 )
[アルク公式] 英語教材 1000時間ヒアリングマラソン 【アルクの英語教材】【アルク特製20…
中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。 [ 学研教育出版 ]
英語シナリオで楽しむスター・ウォーズ [エピソード4/新たなる希望][エピソード5/帝国の逆襲…
その英語、ネイティブはカチンときます [ デイビッド・セイン ]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク


コメントを残す

*