Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/pon0616/saa0616.com/public_html/harry-english/wp-includes/post-template.php on line 284

「〜くらい・2,3ヶ月」などアバウトな時間を表す英語

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
◆◇記事内の英文法リンクを踏むと英文法の記事に飛べます。◇◆

この記事は約 5 分で読めます。

こんばんは。
今回もハリーポッターはお休みです。

日本語で会話している時にも言えることですが、「○時間前」とか「○ヶ月後」など、時間を伝えたい時、きちんとした時間が分からない時ってありますよね。

例えば、「I got up two hours ago.(2時間前に起きたよ。)」などとはっきり言えるなら良いですが、めちゃくちゃ寝ぼけてて、半分寝落ちなんかしたりして、2時間前なのか3時間前なのか…「まぁ2,3時間前かな」、なんていう時ありますよね?

今回の記事は、そんな時の言い方です。

曖昧な時間を伝える英語、「~くらい」「2,3ヶ月」

  
I got up a few hours ago.

  
I got up a couple of hours ago.

私は2,3時間前に起きました。

どちらの例文も上記のように訳せます。

この使い方については、《時間》に限らず、 《分》や《月》にも使えます

「a few」「couple of」を使う

「2,3分」、「2,3ヶ月」など 短い期間という意味での表し方です。

  • 2,3分 a few minutes
  • 2,3時間 a few hours/couple of hours
  • 2,3ヶ月 a few months/couple of months
  • 2,3年 a few years/couple of years

※2,3分という表現で《couple of minutes》という言い方はしないようです。
というのも、2,3時間や2,3ヶ月って、数時間・数ヶ月と言っても、2,3分に比べて期間の幅が広いですよね。

「couple of 」というのは、「a few」に比べて、その期間の幅が少し広くなっているんです。
つまり「couple of minutes」ですと、2,3分というわずかな数分ではなく、15分位までは含まれてしまう数分になってしまうのです。

例文

  
Just a few minutes.
ちょっと待ってて。

↑これは本当に《数分》待ってて、というニュアンスです。

  
Wait a couple of minutes.
ちょっと待ってて。

↑これだと15分以内くらいまでには行くから待ってて、というニュアンスになります。

スポンサーリンク

「several」を使う

2以上10くらいまでの範囲での表し方です。
(5,6時間・5,6ヶ月など)。

基本的には大体5,6あたりの幅で使うことが多いです。

  • 5,6時間 several hours
  • 5,6ヶ月 several months
  • 5,6年 several years

これに関しても、 several minutesという表現は5,6分という幅ではなく、10分〜50分位までといった幅で使うことが多いようです。
このような感覚的な表現は、使って慣れていくしかないのでしょうね。

数ヶ月・数分の《数-すう-》って?

上記で説明させていただいた、数分・数ヶ月といった、アバウトな数字ですが、言ってしまえば、話し手の時間の感覚任せなところもあるようです。

特にseveral 《2以上10くらいまで》と幅が広くあります。

基本は5,6位で捉える事が多いようですが、話し手の感覚で、4時間位だったり、8時間位だったりを《数時間》と捉えるのであれば、話し手は「several」で伝えてきます。

その辺は日本でもそうですよね。
Aさんの『ちょっと待ってて』は、本当に2,3分程度だけど…
Bさんの『ちょっと待ってて』は、20分位は見ないといけない…
というようなこと。

そういった曖昧なニュアンスとなっています。

「〜くらい」「もうすぐ」を表す

「大体10時」、「もうすぐで10時」などの表し方です。

aboutを使う。

  
It’s about ten.
10時くらいだよ。(大体10時)
  
I got up about 8.
8時位に起きたよ。

almostを使う。

  
It’s almost 10.
もうすぐ10時だよ。
  
It’s almost Merry Christmas.
もうすぐでクリスマスだ。

いかがでしょうか?
こういった表現も覚えておくと、ちょっと曖昧な表現が入った会話なども出来ますね。

それでは、今回は少し長めになってしまいましたが、閲覧していただき、ありがとうございました。

「ハリーポッターと賢者の石」をチャプターごとに最初から見る

「ハリーポッターと賢者の石」を英文法ごとに見る

《YouCanSpeak》英語スピーキングのスピード習得は可能?英語を記憶するための2大原則。
weblio英会話(格安オンラインSkype英会話 )
[アルク公式] 英語教材 1000時間ヒアリングマラソン 【アルクの英語教材】【アルク特製20…
中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。 [ 学研教育出版 ]
英語シナリオで楽しむスター・ウォーズ [エピソード4/新たなる希望][エピソード5/帝国の逆襲…
その英語、ネイティブはカチンときます [ デイビッド・セイン ]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク


コメント

コメントを残す

*